会社案内_タイトル
養殖業でのHACCPシステム
弊社の養殖魚の販売に関しましては、原材料から始まり製造・加工工程を経て最終製品の保管・流通に至るまで、各過程で危害の発生を予防する事を目的とした、安全性に重点をおいたシステムです。Hazard Analysis Critical Control Point の略で、危害分析重要管理点と訳されています。(通称ハセップ、ハサップとも呼ばれています。)元来は1960年代に米国NASAのアポロ計画において、 宇宙食製造の際の安全性確保を目的として開発された品質管理プログラムです。現在では国際的にCODEX(FAO/WHO合同食品規格基準)で93年にガ イドラインが制定されており、EU、米国を中心としてその推進が図られています。
HACCPシステムのもとで育てられています
養殖HACCPの記録項目
  1. 種苗の導入
  2. 種苗の由来、病歴や輸送方法等の情報
  3. 飼育経過(水温、水質、飼餌料、給餌量)
  4. 配合飼料、副原料及び餌料魚の購入
  5. 飼育魚の分養
  6. 漁網防汚剤の使用
  7. 漁場汚染事故発生
  8. 飼育魚の定期的健康診断
苗種導入から厳格に記録・管理
サントラストのHACCP様式
現在、養殖業界で唯一「ハマチ」のHACCPシステムが導入されております。弊社の八幡鯛・八幡鰤に関しましては、上記のHACCPシステムに準じた工程で、育成から管理・出荷までを一環した指導と養殖生産者の協力のもとで行っております。
生産者の手による出荷風景
Copyright @ Suntrust Marinefoods Co.,Itd. All Rights Reserved.